日本の安全保障について思うこと

日本の安全保障について思うことについて記述していきます。個人的見解に基づいて記述しています。


特集
北朝鮮関係

アメリカ世論が大統領を動かす?

アメリカのある調査で、北朝鮮への攻撃への支持が53%になったそうだ。

トランプ大統領の支持率は、相変わらず低いながらも、少しだけアップしているという調査もある。

 

これらは、北朝鮮への暴走に対して、トランプ大統領の強気の姿勢を評価してのもだと思うが、

 

これで、トランプ大統領が振り上げた拳を引っ込めることが難しくなったともいえる。

 

いわゆる引くに引けない状況だ。

 

 

北朝鮮が素直に、核兵器やICBMを放棄してくれればいい。

あるいは北朝鮮とアメリカが武力紛争に突入することは、すでにアメリカ国民が容認をしはじめている。

 

だが、北朝鮮が核兵器・ミサイルを放棄することなく、アメリカが引き下がることはできなくなったと言っても間違いではない。

 

もし、そんなことをしたら、トランプ大統領の支持率は半減では済まないかもしれない。

 

トランプ大統領もそのことは、よくわかっている。

 

 

アメリカ側は、表現こそ変えているが、常に軍事と外交の2面からのアプローチについて訴え続けている。

 

ただ、じりじりと膠着した状態にいつ、アメリカ世論が痺れを切らすか、

世論に押され、トランプ大統領が動かざるをえなくなる日が来るのかもしれない。