読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日本の安全保障について思うこと

日本の安全保障について思うことについて記述していきます。個人的見解に基づいて記述しています。


特集
北朝鮮関係

在日韓人た歴史資料館に行ってきました

日韓関係を考える中で、歴史を知らなければなりません。

麻布十番にある在日韓人た歴史資料館に行ってきました。

入場料は200円です。

 

大韓民国大使館領事部の建物にある施設です。大韓民国政府による公式な資料館と思っていいと思います。

 

「歴史を伝えることが目的であり、その評価は来館者の判断に任せる」とのことで、私なりに感想を述べておきたいと思います。

 

まず、在日韓国人の方たち、苦労されてきたんだな、というのが率直な感想です。

 

ただ、気になったのは、日本に住むことになった理由の部分。

 

戦時徴用等で、なかば強制的に日本に連れてこられた方はいると思います。

 

ただ、それ以上に、自らの意思で日本に住んでいる人たちもいるはず。

その事実に対する展示が見当たらりませんでした。(細かく見ればあったかもしれません)

 

たとえば、日韓併合の際に、期待に胸を膨らませて、日本の大学に進んだ人、日本で事業を始めた人、多かったのではないでしょうか?

 

それと1950年前後、韓国では国民保導連盟事件、済州島四三事件等、自国民を虐殺するような事件が何度かありました。

 

その大虐殺から逃れるために、日本に避難し、居着いた人が多数います。

 

この2つの事件は韓国でも、いまだにタブーなようで、政府としても展示しにくい部分かもしれませんが、歴史を伝えるなら、在日韓国人のルーツの一部として、避けて通れない部分ではないかと思います。

 

 

 

 

 

japanese-security.hateblo.jp

japanese-security.hateblo.jp