日本の安全保障について思うこと

日本の安全保障について思うことについて記述していきます。個人的見解に基づいて記述しています。


特集
北朝鮮関係

目先硬直状態に入る米朝関係

アメリカ・北朝鮮の関係は目先、硬直した状態に移行したと思います。

 

カール・ヴィンソンが配備されたことにより、アメリカ側は攻撃準備を完了した見て良いでしょう。

しかし、攻撃には名目が必要であり、また、北朝鮮が反撃した場合、韓国、場合によっては日本へも被害が及ぶ可能性があるため、ここでは慎重を要する局面に入っているのは間違いありません。

 

もちろん、北朝鮮が核実験を強行したりICBMの発射実験をした場合は、アメリカのいうレッドゾーンに入るため、新たな展開に突入すると思いますが、アメリカの姿勢に対し、北朝鮮も深刻に受け取っていると思われるため、自体はしばらく動かない可能性があります。

 

今、アメリカのペンス副大統領は訪韓中。

18日から20日まで訪日します。

当初は経済対話のため、とのことですが、韓国でも北朝鮮問題についてかなりの時間が割かれているようで、ペンス副大統領訪日を受け、アメリカの対北朝鮮政策に変化が生まれるなり、一定の方向性が定まってくるものと思われます。

当面は、アメリカの動向を注視する必要があります。