日本の安全保障について思うこと

日本の安全保障について思うことについて記述していきます。個人的見解に基づいて記述しています。


特集
北朝鮮関係

MOAB(大規模爆風爆弾兵器)の意外な効果

 

イスラム国を攻撃するため、米軍はMOABを使用した。

 

このMOABは実戦での使用ははじめて。

この威力は凄まじい。爆発そのものもすごいが、爆風で周辺のものなぎ倒す。

通常爆弾であるが、誘導するため命中精度は極めて高く、その威力は小型の核兵器にも匹敵すると言われている。

 

今回の攻撃は、先日のシリアへの巡航ミサイルと同様に北朝鮮を威嚇するのもだと言われています。当選、それはあると思います。

ただ、それだけじゃないかも。

 

今回のMOABの攻撃で、北朝鮮当局は、当然脅威を感じていますが、

度肝を抜かれたのは、中国かもしれません。

 

中国の東シナ海、南シナ海でも横暴ぶり、目に余るものがありましたが、背景に軍事力があります。

アメリカ軍と比べても遜色ないものになりつつある、との思い上がりがあったと思いますが、

 

今回の件で、技術力の差を思い知ったのではないでしょうか。

 

空母の配備を始めたものの、ポンコツだし、空母に搭載する艦載機の性能は歴然とした差がある。潜水艦を強化したものの、すでに周辺海域には日米の対潜哨戒網が整備されてる。そして今回の通常爆弾の威力・・・

 

中国の横暴は、少しの間、おとなしくなると思います。