日本の安全保障について思うこと

日本の安全保障について思うことについて記述していきます。個人的見解に基づいて記述しています。


特集
北朝鮮関係

米露関係が心配

アメリカとロシア・ソ連とは、何度も衝突していますが、代理戦争的な衝突であって、直接対決的な戦争というのはなかった。

 

今回のシリアへのミサイル攻撃で、ロシアの硬化は当然はやむを得ないと思うが、アメリカとロシアが破滅的な関係にはなって欲しくない。

昨今のアジア情勢、テロに揺れるヨーロッパ、この状況での米露対立は、世界的な緊張どころか、第三次世界大戦に繋がるんではないかと思えるぐらいの恐怖を感じる。

 

昨日の米露外相会談、罵り合いのような状況もなく、笑顔ではないが握手する場面もあった。

 

また、米国務長官との会談をプーチン大統領も受け入れた。

当面米露関係はよくない状況は続くかもしれない。

ただ、予断は許さない状況ではあるが、米露とも最悪の事態を避けるように事態収拾に動き始めたように思える。

 

headlines.yahoo.co.jp

 

プーチン大統領の見解は、「悪化」ということだが、

救いがある悪化であると読みたい。