読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日本の安全保障について思うこと

日本の安全保障について思うことについて記述していきます。個人的見解に基づいて記述しています。


特集
北朝鮮関係

稼働率が低い米空母

アメリカの空母の稼働率というのは意外と低い。

メンテや補給が必要なのは当然だが、稼働率に換算すると30-40%程度とも言われています。

 

空母カールビンソンとか空母ステニスが朝鮮半島海域に派遣されていますが、本来、同海域は、空母ロナルド・レーガン(母港横須賀)のエリアになります。

 

しかしロナルド・レーガンは現在改修作業中で、横須賀に係留されています。

現在に太平洋側に配備されている空母、順次メンテナンスが必要になってきます。

その頃には、ロバルド・レーガンは復帰してきますが、空母を最も多く運用しているのが今なのかもしれませんね。

 

写真は今年2月、ロナルド・レーガン視察時のものです。

ブリッジにはやぐらが組まれ、改装中であるのもわかります。

f:id:pfu123:20170411233754j:plain