読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日本の安全保障について思うこと

日本の安全保障について思うことについて記述していきます。個人的見解に基づいて記述しています。


特集
北朝鮮関係

韓国軍を指揮するのは米軍なんだ

有事に韓国軍を指揮するのは米軍である。

戦時作戦統制権といって、1978年から、この状態が続いている。

2015年に、いったん、韓国軍の指揮権を韓国に戻すことが決まったものの、結局、延長されて、2020年台に再度協議することで落ち着いている。

 

自国の軍隊の指揮を他国に委任するのは非常にイレギュラーなことであるが、これはベトナム戦争の際に決まったようである。

 

ベトナム戦争の際に、勝手に暴れまわって住民の虐殺等を繰り返していた韓国軍に腹を据えかねたアメリカが、指揮権を握ったということになっている。

 

私は、もう一つ理由があったのではないか、と思っている。

 

朝鮮戦争が開戦する直前の1950年、当時の韓国大統領である李承晩は、対馬と九州に侵攻するため、兵を釜山近辺に集結させた。

日本を統治していたアメリカ、これに激怒。

韓国から兵を引き上げたところ、その隙に、北朝鮮軍が韓国に侵攻、朝鮮戦争の勃発を招いた。

たぶんこの件以来、アメリカは、韓国の大統領に韓国軍を指揮させるのは、安全保障上、ふさわしくないと判断したのでは?と私は思っています。