日本の安全保障について思うこと

日本の安全保障について思うことについて記述していきます。個人的見解に基づいて記述しています。


特集
北朝鮮関係

米中首脳会談では、こんな話を・・・

4/6-7 米中首脳会談が開催される。

両首脳の初顔合わせで、懇親を深めることことが目的ではない。

 

ひとつは、南シナ海の問題も議題にはでるだろうが、

 

メインは、北朝鮮問題になると思われる。

 

アメリカが北朝鮮に侵攻する場合、最大のネックは中国の存在。

軍事大国アメリカも、中国との全面対決は避けたいはず。

 

そこで、中国を懐柔する方策を考えてみた。

 

  1. 一緒に攻めないか?
  2. 空爆後、陸上部隊で占領してくれ!
  3. 目的を達成したら、THAADを引き上げるから!

 

1の一緒に攻めるのは無理。時間的に無理だし、指揮系統も定まらない。

 

2は、ない話でもないのかな。

現実に中朝国境の中国軍は大幅に増強されている。

アメリカの空爆のあと、北朝鮮で、傀儡政権樹立はない話でもない。

統一を目指している韓国には納得のできる展開ではない。

 

3もありうる話。

というか、北朝鮮のミサイル・核兵器が破壊された時点で、韓国にTHAADが存在する理由が消滅する。なので、中国としても取引の対象ではない。

 

となると、1と3のセットか。

アメリカが空爆し、ミサイル施設と核を破壊する。

それ以上のアメリカ地上部隊は出さないし、目的達成後は速やかに撤退する。

米軍撤収後は、中国の指導のもとに政府を樹立し、北朝鮮の独立は守る。

 

という落とし所になるのかな。。。