読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日本の安全保障について思うこと

日本の安全保障について思うことについて記述していきます。個人的見解に基づいて記述しています。


特集
北朝鮮関係

北朝鮮をテロ支援国家に指定の裏を読む

アメリカ下院の外交委員会において、

北朝鮮をテロ支援国家に指定することを求める法案が可決されました。

東京新聞:米下院、テロ支援再指定法案可決 対北朝鮮で外交委:国際(TOKYO Web)

 

テロ支援国家の指定は、アメリカの国務省が行います。

今回、米下院の委員会で可決されたため、米国務省はすみやかに、テロ支援国家の指定をするものと思われます。

 

 

現時点でアメリカにテロ支援国家として指定されている国は、シリア・スーダン・イランの三カ国です。

 

周知の事実のとおり、シリア・スーダンには、すでに米軍を派兵しています。

イランについては派兵はしていませんが、すでに紛争状態といっていいぐらい険悪な外交関係だといえます。

 

つまり、テロ支援国家の指定は、高い確率で、軍事作戦に移行する可能性があります。

 

逆にいうと、テロ支援国家の指定は、トランプ大統領が北朝鮮を空爆を後押しするものになります。

 

そして、テロ支援国家の指定自体は、国務省が単独でできるものですが、今回のような議会からの要望を受けた形での指定は、議会としてもお墨付きを与えたことになります。

 

また一つ、北朝鮮空爆への条件が整ってきたといえます。