読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日本の安全保障について思うこと

日本の安全保障について思うことについて記述していきます。

韓国を最初の訪問国に選んだ米国防長官

ミサイル防衛 中国 韓国 アメリカ

国防長官訪韓

韓国は、アメリカの新しい国防長官マティス氏の最初の訪問国であったのを歓迎し湧いているようである。

 

確かに、アメリカ・アジアの防衛において、韓国は重要な位置にいる。

ただ、最初の訪問国に選んだのは、最友好国として韓国を訪問したというよりも、中国寄りになってきており、また日本との関係が悪化している韓国が、これからも日米韓の枠組みで安全保障に取り組むのか、もしくは日米の枠組みから離れ、中韓の枠組みを考えていくのかを見極めに行ったのではないだろうか。

 

このあとに予定されている日本訪問の際の、前提条件になる重要な事柄である。

 

さて、国防長官の訪韓は成功であったと言えるでしょう。

サードの配備

終末高高度防衛ミサイル、要するに敵が発射した弾道ミサイルを大気圏外で落とすことができるもので、北朝鮮のミサイルに対する最大の防御力であるが、

この韓国配備に関し中国が激しく反対しているが、この韓国配備を再確認できたのは大きい。

 

 

 

f:id:pfu123:20170208170256j:plain