読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日本の安全保障について思うこと

日本の安全保障について思うことについて記述していきます。個人的見解に基づいて記述しています。


特集
北朝鮮関係

北朝鮮を叩けないアメリカ、こんな背景があるかも

アメリカの威嚇は、北朝鮮に対し、効果を発揮しはじめている反面、 ここからの展開が難しくなります。 北朝鮮をアメリカが攻撃した場合、韓国や場合によっては日本も北朝鮮による攻撃を受ける可能性がある。 当然、民間人が巻き込まれることもあるので、日韓…

MOAB(大規模爆風爆弾兵器)の意外な効果

イスラム国を攻撃するため、米軍はMOABを使用した。 このMOABは実戦での使用ははじめて。 この威力は凄まじい。爆発そのものもすごいが、爆風で周辺のものなぎ倒す。 通常爆弾であるが、誘導するため命中精度は極めて高く、その威力は小型の核兵器にも匹敵す…

トランプは名前の通り、駆け引き巧者

トランプ外交については、驚いてます。 トランプ、日本語では、52枚+ジョーカーを使ったカードゲームです。 英語では、トランプとは切り札を意味します。 トランプにとっての外交とは、まさにカードゲームの駆け引きみたいなものなのかもしれません。 切り…

目先、遠のいたように見える危機

私が、米朝開戦が近いと思っていた最大の根拠というのがあって、 それは、韓国の大統領選挙。 5/9投票の韓国大統領選挙であるが、親北といわれている文氏が独走状態であった。 文氏が勝利して、親北政権が誕生した場合、米国は北朝鮮を攻撃することが困難に…

経済封鎖がヤケクソを呼ぶ

米中首脳会談により、中国による対北朝鮮への経済制裁が強化されることが決定的になった。 中国は従来から北朝鮮への経済制裁を行っていたのもの、裏では、北朝鮮を支援しているとか、あるいは、北朝鮮との経済交流を黙認していると言われていたが、今回の米…

【速報】シリア攻撃が日米に与える影響

まだ考えがまとまっていませんが、思いつくことを羅列してみたいと思います。 米ロ関係悪化 昨年10月停戦破りの誤爆をしたアメリカ対して、ロシアが最後通牒を突きつけた。米ロ軍事衝突の直前まで行ったと言われているが、トランプ大統領の 誕生によりロシ…

米中首脳会談なんて、こんなものさ

headlines.yahoo.co.jp 「外交」とは駆け引きだと思う。 言葉の戦いではあるが、10対0で勝ってはいけない。 双方のメンツが保てるような落とし所を探さなければならない。 例えば、トランプと習近平が並んでカメラに写っているまさにそのとき、 「アメリカが…

米中首脳会談では、こんな話を・・・

4/6-7 米中首脳会談が開催される。 両首脳の初顔合わせで、懇親を深めることことが目的ではない。 ひとつは、南シナ海の問題も議題にはでるだろうが、 メインは、北朝鮮問題になると思われる。 アメリカが北朝鮮に侵攻する場合、最大のネックは中国の存在。 …

日本近海に異常に配備されている米空母

米軍の現役の正規空母は10隻(強襲艦やヘリ空母は除く)。 ニミッツ (USS Nimitz, CVN-68) 1975年5月3日就役 ドワイト・D・アイゼンハワー (USS Dwight D. Eisenhower, CVN-69) 1977年10月18日就役 カール・ヴィンソン (USS Carl Vinson, CVN-70) 1982年3月1…

韓国を最初の訪問国に選んだ米国防長官

国防長官訪韓 韓国は、アメリカの新しい国防長官マティス氏の最初の訪問国であったのを歓迎し湧いているようである。 確かに、アメリカ・アジアの防衛において、韓国は重要な位置にいる。 ただ、最初の訪問国に選んだのは、最友好国として韓国を訪問したとい…

三戦を始めた中国

中国人民解放軍政治工作条例っていうのが、2003年の改正で、三戦というのが加わった。 三戦とは 三戦とは、世論戦、心理戦、法律戦のことをいいます。 「世論戦」は、中国の軍事行動に対する大衆および国際社会の支持を築くとともに、敵が中国の利益に反する…